City Bikes Factory in Ise_City
citybikes.exblog.jp

街乗り自転車工房 東京版
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
City Bikes Factoryは
SHARE THE ROAD
を応援してます!

Total Count



Web Master tarako
since2006.08.01
AX
カテゴリ
フォロー中のブログ
記事ランキング
ライフログ
タグ
最新の記事
Lei03にちびレイ召喚(`..
at 2016-09-30 20:59
Lei03ファーストインプレ..
at 2016-09-23 01:33
Lei03は発売されたのか?
at 2016-09-20 19:38
iPhone新調、2年ぶり8..
at 2016-09-17 22:04
RG SINANJU 1/144
at 2016-09-02 23:41
以前の記事
最新のトラックバック
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
麺や庄の 禁煙化
from City Bikes Fac..
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
自転車用チューブレスは良い物だと思う
Madoneとチューブレスタイヤの組み合わせは色んな意味で新時代的な乗り味です

某店のブログでは自転車用のチューブレスは良いところが見つけられないとずいぶんな
書かれようでしたが、本当にそうなのでしょうか?

少なくともランニングコストが高そうと言うこと以外に私には弱点が分かりません
私の体重だと推奨空気圧は6berになりますが、最初はこんな低くて大丈夫なのかなぁと
思いましたがこれで十分なのです、6.5berまで上げて見ましたがショックをひろいやすくなりはしても
これで走りが軽くなることは感じられませんでした
むしろ6berで乗る方が路面からのショックの吸収、走りの軽さ、適度に変形することによって
コーナーでも安心出来ると、いいことの方が多いと思いました
タイヤ単体でさわるとサイドも堅くしなやかなのか疑問でしたが少なくとも組み付けた状態で
適正空気圧にして使えば乗り心地はチューブラーとそれほど変わらないと思えるほど良いのです
クリンチャーで8ber位の高圧で乗るときのスムーズな乗り心地もあれはあれで好きですが
疲れないのは間違えなくチューブレスです
まさに路面の良いところでは路面をなめるような乗り心地
乗り心地の良さは空気圧を低めにセット出来る事の恩恵だと思いますが路面との抵抗や
接地感はタイヤ自体のポテンショナルが高いのかチューブレスによる恩恵なのか判断しにくいところが
有るのも事実です

レース機材として見る場合と私のように一般的なユーザーでは見方は違うと思いますが
私にとっては自転車用チューブレスの良いところは他にも有ります

タイヤ内にシーラントを入れることによってほぼノーパンクタイヤ化出来ると言うことです
私が用意したのはHUTCHINSONのProtect'air
d0078974_1554748.jpg

一応メーカーではMTB用と言ってますがまぁロードで使って同じ事だと思います
お店系のブログで見たところFUSION2TubelessにProtect'airを入れてタイヤに虫ピンや
千枚通しを刺してどうなるかテストしていましたが、全く問題なしとの事でした
これは凄い

Protect'airはなにやら怪しい繊維が入ってる液体ですがこれをチューブレスタイヤに入れる事で
パンクして穴があいてもProtect'airが穴をふさぐ効果があるそうです

d0078974_15552925.jpg

ロード用の700x23Cだと片輪にProtect'air40cc重量にして約30gを入れる事で効果を発揮するらしいです
タイヤの外周の重量が30g増える事でほぼパンクとおさらば出来る
これを重いからパスと思うか30gなら良いかーw と、思うかですが
実際Protect'airを入れて走ってみましたが30g増量による走りの変化はそれほど無いと、言うのが
私の感想です、厳密にはタイヤの中に液体が入っている訳なのでそれが中でどろどろと流れると思うと
結構影響が有りそうですがホイールを入れ替えて厳密に乗り比べないとそれほど差は感じないのでは無いでしょうか?
じゃー軽量なタイヤやホイールに大枚はたいてる価値があるのかー、って言われそうですが
所詮素人インプレッションなのです

と、言うわけで30g増でパンクしないメリットをとるという選択は有りだと思います

まぁもっともHIPERION ULTORA+VELOFLEX RECORDと比較するとやっぱり重いのは否めません・・・
この辺の比較は極端なので参考程度に考えて居ますが普段使いと考えればSHMAL ULTORAとFUSION2Tubelessをノーパンクタイヤとして使うのは大いに有りだと思います

それに普段から気にせず使えるメリットは大きいのでは無いでしょうか?
Protect'airを入れた二次的メリットとして自然に抜けちゃう空気が減ったと言う事もあります
前日乗ってそのまま次の日に乗っても全く空気圧は減ってません
2日で0.1bar位減りますがはっきり言って0.1bar下がっても私にゃ分かりません
そもそもラテックスチューブのチューブラーなんて朝8.5barにセットしても走ってる間に0.1位減っちゃいますからね

毎回乗る前に空気圧をチェックするに超したことは有りませんが玄関の前に置いてあるのを
そのまま乗って行っちゃっても問題無いのが偉いのです

d0078974_1614419.jpg

約600km走行したFUSION2Tubelessの後輪 耐久性も結構有りそうです

練習用にも最適です・・・ランニングコストを考えなければ(´・ω・`)
でもFUSION2Tubelessが9000円近くするのは日本だけで海外通販だと1本5000円以下なので
チューブレスが普及すれば入荷も増えて価格もこなれていくと期待したいですね
[PR]
by citybikes | 2009-03-15 15:55 | Bicycle